自己紹介

初めに

こんにちは、松岡武です!
このサイトでは、会社員仕事で苦しんでいるサラリーマンの方が、
どうすれば嫌な仕事を抜け出し、自由であなたらしい生活を
手に入れることができるのかをお伝えしていきます。

具体的には、
・なぜサラリーマンのままだと仕事が辛いのか
・どうすれば嫌な仕事を抜け出せるのか
・独立起業を最もお勧めする理由
・リスクゼロで起業する方法
・サラリーマン時代の10倍以上の収入を得る方法

などをお伝えしていきます

法務局に就職

その前に、私の自己紹介をさせてください。

高校時代真面目に勉強をし、地方の国立大学の工学部に進学しました。

国立大学でも比較的真面目に過ごしましたが、
研究職にあまり興味を持てなかったので、
「地域を動かすようなスケールの大きな仕事がしたい」と思い、
公務員試験を受けました。

県庁に就職して、スケールの大きな仕事がしたいと考えておりました。

一浪の末、たまたま採用された法務局に内定が決まりました。
正直なところ入局する前から
「ここでスケールの大きな仕事ができるのだろうか?」
という疑問はありました。

しかし、希望していた県には受からなかったし、他に内定をもらった
役所がなかったので、
「ここに行くしかないか」
「これも何かの縁」
そう自分を言い聞かせ、就職をしました。

しかし、それが大きな悲劇の始まりでした。

全く面白くない業務

法務局という役所は、不動産を購入した時に「これは私が購入した不動産です」
と公にするための不動産登記や、会社を作るための法人登記をする役所です。

「国民の権利・義務を守る」

というのが法務局のスローガンなのですが、法務局職員として行う業務は
一言で言うと
「書類チェック」
でした。

提出された書類が間違いないか添付書類や文字をチェックし、問題なければ
それをパソコンに入力する。
それをただひたすら繰り返すのです。

若い時はそれでも、ある程度歳をとったらスケールの大きい仕事ができると
言うなら耐えられます。
しかし、実際には50台で定年間際の職員でも、私と遜色ない書類チェックを
一日中行なっています。

創造性のかけらもなく、毎日決められた業務をミスなくそつなくこなすだけの
業務がとても魅力的に思えませんでした。

「このままこの仕事で一生を終えるのか?そんなのは嫌だ」

そう思い、安定した公務員を辞め、転職を決意しました。

外資系企業へ転職

役所で働くかたわら、転職活動を始めました。

何十社もエントリーシートを送り、ほとんどの企業からは不採用の
通知を受けましたが、最終的になんとか一社受かりました。

その会社は東京に本社がある外資系企業でした。
当時「外資系企業ってカッケー」
と思っていたので、外資に受かり、すぐに転職を決めました。

上司に「役所辞めます」と伝えた時は
「俺も若かったら役所を抜け出すんだけどねぇ」と言っていたのが
印象的です。

親に
「今日役所に辞意を表明した」
と言った時は、
「お前は気が狂ったのか?」と本気で怒られたことを覚えています。

そんなこんなで色々ありましたが、上京することになりました。

外資でバリバリ働く!となるはずが…

転職した外資系企業で一生を過ごす気は無く、
「いつか独立して自由になりたい!そのためには営業スキルを身につけなきゃ」
と言う計画がありました。

「転職をしてバリバリ働き、評価がうなぎのぼり。
卓越した営業スキルを身につける」
となるはずでしたが、、現実は違いました。

まず仕事というか、扱う商品に興味が持てませんでした。
自分が取り扱っている商品が研究者が研究で使う商材だったため、
「この商品の何が良いのか」が全く分かりません。

今思うと「勉強しろ!」で済む話なのですが、、若かりし頃の私は
「嫌い」と思うと行動ができませんでした。

さらに最悪だったのが、上司との関係です。
上司と猛烈にそりが合わず、毎日パワハラ、暴言を吐かれました。

毎日日曜日になると
「明日会社か、嫌だ、嫌すぎる。。」
と思っていました。
典型的なブルーマンデー症候群です。

インターネットビジネスとの出会い

そんな折、とある書店でインターネットビジネスに出会いました。
その本の中で紹介されていたのが、物販ビジネスです。

物販ビジネスについて調べていく中で、「輸出ビジネス」と言うものが
あることを知りました。

・誰でも取り組める
・無在庫販売が可能
・資金がゼロでも問題ない
・副業で取り組むことが可能

そんな転売ビジネスは、当時の私にとって最良のビジネスでした。

「これで人生変えてやる!」

そうして輸出ビジネスに取り組みました。

全然成果が出ない!

輸出ビジネスに当初はほぼ独学で取り組んだのですが、
残念ながらすぐに結果は出ませんでした。

なぜなら、まずその当時活用していた教材には、
具体的な稼ぎ方が記載されておりませんでした。
また、ツールもないため、1日何時間も出品を手作業で
行なってもほとんど売れず、たまに売れても赤字という悲惨な状態でした。

何より、誰にも教わらず我流で取り組んでいたので、正しい行動の仕方が分かりません。

そのため、転売ビジネスでまともに稼げるようになるまで
「1年以上」もかかりました。

しかし、ようやく転売ビジネスで成果を出している方に出会い、その方の指導を受け、また正しいノウハウや効率的なツールを活用したことで、月収30万円以上を稼ぎ脱サラをすることができました。

脱サラへ

輸出ビジネスで月収30万円を稼げるようになり、脱サラをすることにしました。

大嫌いだった上司を呼び出し、「辞めます」と伝えた時の快感!
人生で最も爽快な気分だったかもしれません笑。

脱サラをしたところ、本当に人生が一変しました!
とにかく毎日楽しいのです!

・嫌な上司からの電話に怯えなくて済む。
・毎日自由な時間に起きて、好きな時間になることができる
・自分で考え、自主的に行動できるので、仕事がすごく楽しい
・収入がうなぎ上り。サラリーマン時代は考えられなかったほど
 貯金通帳にお金が貯まる。

まさに人生を逆転させることができました。

次はあなたの番です

この私のサイトをご覧いただいていると言うことは、あなたも

・脱サラ
・収入アップ
・借金返済
・海外旅行
・タワーマンション

などなど、叶えたい夢をお持ちかと思います。

それらの夢ですが、輸出ビジネスで間違いなく叶えることができます!

ぜひこれからもこのサイトを見て、世界一ノーリスクで脱サラできる方法に
ついて学んでいただきたいと思います。