20代で仕事がつまらないと感じたら、早めに辞めよう

20代で仕事がつまらないと感じるなら、早めに辞めよう

仕事を辞めたいと思っていませんか?

脱公務員・若者限定脱サラコンサルタントの松岡です!

私のブログをお読みの若者公務員、
若手サラリーマンの方の中には、
「仕事つまらないな〜」とか
「仕事つれ〜、辞めて〜」と思っている
方もいるのではないでしょうか?

しかし、ネットで検索してみると、
「3年で辞めるなんて忍耐がない」とか
「早期離職は経歴書に傷をつける」とか
色々書いてありますよね。

それらの情報を気にして、
「辞めるに辞められない」という方も
多いでしょう。

つまらない仕事は、辞めていい

私の経験上、つまらない仕事は
「辞めていい」です。

ブログの自己紹介でもお伝えしていますが、
私は元々公務員をしていました。

23歳〜25歳までですね。

法務局という役所にいたのですが、
仕事内容がこれがなんとまあ
つまらないこと!笑

法務局の仕事内容を一言で言うなら、
ただの「書類チェック」でした。

  • 不動産の登記申請書類の
  • 添付書類が間違いないか?
  • 収入印紙の金額は間違いないか?
  • 記載内容に誤りがないか?

すべてチェックし、間違いなければ
データベースに入力する。

これを1日10時間近く繰り返すのです。

将来性を見出せず、転職を決意

この業務が若いうちだけなら
まだ良いのですが、定年間際の
おっちゃんもほぼ同じ業務を
取り組んでいます。

「この仕事を我慢して続けても
人生ドブに捨てるだけだ。
辞めよう。」

そう思って、転職することにしました。

天下の国家公務員を辞めると言うこと
を知った親は激怒しました。

「国家公務員を辞めるなんて
お前は気が狂ったのか?」

そう言われたのが懐かしいです。

決断は正解だった

しかし、あの決断をしたことで、
今の僕があります。

公務員を退職して以来、
たくさんの紆余曲折がありましたが、
おかげさまで今では

月収200万円という収入
寝たい時に寝て、起きたい時に
 起きる
自由な生活

を手に入れることができました!

「あの時辞めていなかったら」と思うとゾッとします

もし、あの時辞めていなかったら
どうなっていたでしょうか?

おそらく、公務員に多い「うつ病」
を患い、取り返しのつかないことに
なっていたでしょう。

今では親も「あの時やめて良かったね」
って言ってくれていますしね^^

希望がない仕事は必ず辞めましょう

まとめますと、冷静に周りを見て、
本当に希望がない職場であれば、
辞めましょう!

そこに留まり続けても、いいことは
ないです。

時間を無駄にするだけです。

辞める前に、副業で成果を出すことがベスト!

かと言って、いきなり退職届を
突きつけては、無収入に
なるだけです。

副業に取り組み、成果が見えてから
退職しましょう^^

また、20代ならまだしも、
30代後半、40代、50代と歳を
重ねるほど、家庭やローンなど
あなたの方に乗っかるものが
多くなります。

そうなってから「脱サラしようかな」
よりも、若いうちに脱サラした方が
絶対良いです!

「思い立ったが吉日」と言うことで、
早め早めに行動していきましょう!

5大特典プレゼント!

私のメールマガジンではebayで稼ぐためのより詳しいノウハウをお伝えしています。

メールマガジンに登録していただくと、5大特典をもれなくプレゼントしますので、無料で特典をゲットしましょう!
https://matsuokatakeru.com/newsletterlpblog/

メルマガ登録して5大特典をゲットしよう
20代で仕事がつまらないと感じたら、早めに辞めよう
最新情報をチェックしよう!

脱公務員の最新記事8件