【2019年10月最新版】初心者でもわかるebay出品方法

【2019年10月最新版】ebay完全初心者でもわかるebay出品方法

  • 2019年10月15日
  • 2019年10月15日
  • ebay輸出
  • 724view

「1撃で10万円稼ぐebay暴利輸出」の松岡です!

この記事では、ebayへの商品の出品方法についてお伝えしていきます。

複雑そうに見えるかもしれませんが、非常にシンプルです。
最後までついてきてくださいね。

Business policy(ビジネスポリシー)を設定しよう

出品画面に入る前に、やっていただきたいことがあります。
それは、「Business policy(ビジネスポリシー)」を設定するということです。

Business policyとは、出品する際に必要な各設定をひとまとめにして
保存しておける機能のことです。

このBusiness policyを設定することで、出品を効率的に行うことができます。

Business policyには

  • Shipping policy
  • Payment policy
  • Return policy

の3つがあります。

Shipping policyを設定しよう

まずは、Shipping policyを設定していきましょう。

1.ebayのSeller Hubにログインし、左上の「Help & Contact」をクリック。
https://www.ebay.com/help/home

Help & Contact

2. 表示された検索窓に、Business policyと検索します。

Business policy

3. 一番上に表示された、Business policyをクリックします。
https://www.ebay.com/help/selling/business-policies/business-policies?id=4212&st=12&pos=1&query=Business%20policies&intent=Business%20policy&context=DEFAULT_SELLER

Business policy

4. 表示されたページ中程のbusiness policiesをクリックします。
https://www.bizpolicy.ebay.com/businesspolicy/manage

business policies

5. Create policyをクリックし、続いてShippingをクリックします。

Create policyをクリック

この画面で、shipping policyの設定をするわけですが、

Policy nameは特に決まりはありませんが、日本語ではなく、
アルファベットで入力したほうが良いです。

あなたにとってわかりやすい文字を入力しましょう。

Domestic shippingとは、アメリカ国内への発送方法のことです。
International shippingとは、アメリカ以外の国への発送方法のことです。

送料設定に特に決まりはありませんが、慣れない方はこちらと同じ
設定をしていただければ問題ありません。

最後にExcluded Locations (発送除外国)の設定を行います。
発送除外国のおすすめは、

  • APO/FPO (アメリカ軍の軍事拠点。追跡番号付きの発送方法が使えません)
  • Japan (ライバルにいたずらで購入されないようにするため)
  • Sri Lanka (スリランカ。経験上50%の確率で未着になります)
  • Yemen (イエメン。日本郵便で送れません)
  • Libya (リビア。日本郵便で送れません)
  • Somalia (ソマリア。日本郵便で送れません)

です。

以上で、Shipping policyの設定ができました。

Payment policyを設定する

続いて、Payment policyの設定の仕方を見ていきましょう。

先ほどのCreate policyをクリックし、Paymentをクリックします。
https://www.bizpolicy.ebay.com/businesspolicy/payment?pageNumber=1&totalPages=1&source=manage

あとは、以下の赤枠の中にチェックを入れ、paypalのメールアドレスを入力
するだけです。


Return policyを設定する

最後に、Return poilcyの設定を見ていきましょう。

先ほどのCreate policyをクリックし、Returnをクリックします。
https://www.bizpolicy.ebay.com/businesspolicy/return?pageNumber=1&totalPages=1&source=manage

あとは各項目を設定するのですが、注意点があります。

それは、「返品を受け付けること」と
「返送料の負担をSellerにすること(Free return フリーリターンと言います)」
です。

ヤフオクに慣れている方だと、「ノークレームノーリターン」というものを
よく使う方もいるでしょう。

しかし、ebayではノークレームノーリターンは通用しません。
問題があれば、「返品不可」と設定をしていても、問答無用でクレームを
言われます。

よって、事実上返品不可は意味がないのです。

また、返品を受け付けることによって、あなたの商品の検索順位が
上がります。
すなわち、商品が売れやすくなるのです。

ということは、返品を受け付ける設定にしておいたほうが良いですよね。

さらに、返送料の負担をSeller (つまり、返送料無料にするということ)にすることでも、検索順位が上がります。

「え〜、返送料を無料にしたら、めちゃめちゃ返品が来そうで怖い」
という方もいるかもしれませんね。

ご安心ください!
フリーリターンにしたからと言って、返送の割合は一切変わりません。

また、仮に返送料をお客様持ち(Buyer)にしていたとしても、なんだかんだと
文句を言われ、結局は販売者(つまりあなた)が返送料を負担しないといけない
ことが多々あります。

なので、最初からFree return(フリーリターン)にしておいたほうが良いのです。

以上を踏まえたReturn policyの設定例はこちらです。
こちらを真似して、設定していきましょう。

実際に出品をしていこう

Business policyを設定したところで、実際に出品をしていきましょう。

1.Seller hubに行き、Listingsをクリックします。

2. 右上の「Create listings」をクリックします。


3. Single listingsをクリックします。

表示された検索窓に商品のJANコードやISBN(本のバーコードの番号)、商品名
などを入力します。

今回出品したい商品はこちらです。

検索窓に、タイトルである「Kansetsu-Waza Gokui」と入力します。

すると、この画面が表示されたはずです。

商品タイトルは、ライバルを真似しつつ、一部変える

商品タイトル(Title)は基本的には同じ商品を出品しているライバルを真似すれば
OKです。

ただし、全く同じタイトルだと、『真似された』と文句を言ってくる
セラーもいます。

文句を言われてもebayの規約上は特に問題はないのですが、気分のいいものではありませんので、単語の並びを一部変更するなどして対応しましょう。

Custom labelは仕入れ元のASINやJANを入力

Custom labelとは、商品管理のためにセラーが自由につけられる情報の
ことです。

Custom labelは購入者は見ることができません。

このCustom labelに仕入れ先が分かる情報を入れることで、実際に商品が
売れた時にスピーディに商品を仕入れることが可能です。

Custom labelには、

  • 商品のJANコード
  • 日本AmazonのASIN
  • 仕入れ先の商品番号

などを入れておきましょう。

Category (カテゴリ)は自動で入力されているもので間違っていなければ、そのままでOK

商品のCategory (カテゴリ)ですが、正しいカテゴリを入力する必要が
あります。

ただし、最初の段階で、ある程度正しいカテゴリが自動的に選ばれている
かと思います。

そのカテゴリを確認し、問題なければそのままで大丈夫です。

UPCはJANコード、本の場合はISBN。
不明ならDoes not applyを入力

UPCという項目には、本、CD以外の製品の場合は、JANコードを入力します。

JANコードを調べるサイトはたくさんあるのですが、モノレートというサイトを
使って、ASIN (Amazon共通の商品番号.Amazonの各商品ページの
中ぐらいにあります)を元に、JANコードを調べていきましょう。
https://mnrate.com

Condition (コンディション)は最適なものを設定

Condition (コンディション)=商品の状態は、最適な商品の状態を
入力しましょう。

新品を出品する場合はBrand New、中古品の場合、状態に応じて、
Like NewやGoodなどを入力しましょう。

PhotosはImport from webを使うと
最速で出品できる!

商品写真をアップしていきましょう。

「Add photos」から写真をアップロードすることもできますが、
その場合、商品写真をあなたのPCに保存しておく必要があります。

無在庫販売で、ネット上から写真を取ってくる場合、
商品の画像を右クリックし画像のURLをコピーし、「Import from web」から
URLを追加し、アップロードするほうが一番早く写真をアップすることができます。

Item specificsは6つ以上情報を書くと、
検索順位UP

Item specificsというのはメーカーや型番など、商品の詳細情報を記載する項目です。

Item specificsに6つ以上の情報を入力すると、販売力が上がるというデータが
出ています。
ebayもItem specificsの充実を呼びかけているので、埋められるところは
全て埋めましょう!

Item descriptionは簡潔に記載する

Item descriptionは商品の情報を自由に記載できる項目です。

Item descriptionの記載はHTMLと呼ばれるウェブページ制作用の
言語を使うこともできます。
つまり、色やイラストを用いて、華やかなページを作成することも
できるということです。

ただし、だからと言ってHTMLを使って華やかな商品ページを作成する
ことをお勧めしているわけではありません。

なぜかというと、ebayのお客さんの6割は、スマホを用いてebayで商品を
購入します。
HTMLで記載すると、お客さんがスマホでみた場合に、
文字が非常に小さくなり、見辛くなることもあるからです。

そもそも、スマホで商品ページを見た時に、item descriptionは
ぱっと見ほとんど表示されていないのです。

よって、在庫を抱えている商品で、どうしても販売しないと
いけないという商品はともかく、無在庫の商品に関しては
HTMLではなく、テキスト書きをしましょう。

  • 商品の状態(新品か、中古か.中古の場合は、傷はあるか、など)
  • 何日以内に発送するか
  • 商品ページを見ていただいたことへの感謝の文章

このぐらい書いておけば大丈夫です。

Formatは固定価格(Fixed price)が基本

FormatはAuction(オークション形式)の出品形式か、Buy it now(即決価格)の2種類から選ぶことができます。

ebayは元々オークションサイトとしてスタートしたので、オークションサイト
のイメージが強い方も多いかと思います。
しかし、現在は即決価格での出品が非常に多いです。

販売価格も即決価格の方が高くなりやすいので、基本的には即決価格
(Buy it now)の出品形式をお勧めします。

Price(価格)を設定する。

Priceは出品価格のことですので、ライバルの出品価格を元にした
価格で出品します。

Best Offerとは何か?

Best offerとは、「価格交渉を受け付ける」ということです。

お客さんが出品価格で直接購入することもできますが、
値引き価格で購入できるか交渉できるようになります。

このBest offerですが、無在庫販売で高額商品を扱う場合
に有効です。

というのも、おおよそ100ドル以上の商品の場合、
Best offerの設定をしていた場合、9割のお客さんは
値引き交渉をしてきます。

すると、値引き交渉があってから、商品が仕入れられるか
チェックすることができますので、在庫切れのリスクを減らす
ことができるのです!

在庫切れが気になるということでしたら、Best offerの設定を
しましょう。

Quantity(在庫数)を設定

Quantityは在庫数のことですが、無在庫の場合ですと、1で大丈夫です。

Business policyを設定

続いて、Business policyの設定を行います。
この記事の最初に設定したBusiness policyを選んでください。

全て設定したら、いよいよ出品!

以上の設定が全て完了したら、出品ページ一番下の「List item」を
クリックし、出品を完了させてください。

最後に

以上でebayの出品作業は終わりです。

最初は慣れず、出品に時間がかかるかもしれませんが、
出品すればするほど出品スピードが上がります。

粘り強く頑張っていきましょう!

5大特典プレゼント!

私のメールマガジンではebayで稼ぐためのより詳しいノウハウをお伝えしています。

メールマガジンに登録していただくと、5大特典をもれなくプレゼントしますので、無料で特典をゲットしましょう!
https://matsuokatakeru.com/newsletterlpblog/

メルマガ登録して5大特典をゲットしよう
【2019年10月最新版】初心者でもわかるebay出品方法
最新情報をチェックしよう!