ebayの返品

ebay輸出は返品率は高いか?

  • 2020年2月17日
  • 2020年2月17日
  • ebay輸出
  • 120view

ebay輸出のような物販ビジネスをやる上で気になることの1つが「返品リスク」です。

この記事ではebay輸出の返品リスクについてお伝えしていきます。

海外は返品は当たり前

こんな話を聞いたことはありませんか?

「日本と違い、アメリカでは返品をするのが当たり前」

確かにアメリカを始めとする海外では返品が盛んに行われている国があります。

例えばアメリカの場合、アメリカンフットボールやオリンピックのようなイベントの
前にはテレビがたくさん売れるのですが、それらのイベントが終わった途端
返品が急増
すると言うのです。

すなわち、アメリカンフットボールやオリンピックのイベントを見るときだけのために
テレビを購入し、それが終わった途端に返品をすると言う方が結構いるということです。

我々日本人の感覚からすると、ありえない返品理由ですよね。

こんな理由で返品しますとお客様から連絡が来たらやってられませんよね!笑

ebay輸出の実際の返品率

もうかれこれ5年以上ebayをはじめとする輸出ビジネスに取り組んできた私の経験で
お伝えしますと、ebay輸出の返品率は

新品の場合 約2%
中古の場合 約4%

です。

100個商品を販売して2個程度の返品割合ですから、思ったより少ないと思いませんか?

ちなみに、Amazonを使った国内転売、すなわち日本人相手の物販ビジネスの場合、
返品率はおよそ2%です。

つまりebay輸出も国内転売も返品率はほとんど変わらないのです。

なぜ返品率が国内も海外もほとんど変わらないのか?

これは私の推測ですが、ebay輸出のように海外の人に商品を販売する場合、
返品するには日本に商品を送り返さなくてはなりません。

日本に商品を送り返すのはアメリカ国内に商品を返送するよりも大変なので、
返品率が少ないものと考えられます。

ebay輸出は返品率は特段高くない

結論としては、ebay輸出だからといって特別に返品に悩ませられるという事はありません。

物販ビジネスである以上、返品は避けることができないものです。
それは物販ビジネスのデメリットと言えるかもしれません。

しかし、ebay輸出をはじめとする物販ビジネスには、返品というデメリットを
はるかに上回るメリットがあります。

物販ビジネスほど初心者でもすぐに結果が出るビジネスは他にありません!

過度に返品を恐れることなく、海外の人にどんどん商品を販売していきましょう!

ebayの返品
最新情報をチェックしよう!